ピル・STD

ピル・STD

ピルについて

あきせウィメンズクリニック寝屋川院では多数の種類の低容量ピルを扱っております。
主に使用していく低用量ピルや超低用量ピルはその安全性と多様なメリットから利用率が高まっています。

こんな症状が気になっていませんか?

・月経痛
・過多月経
・月経不順
・月経前症候群
・ニキビや多毛の改善

自費診療によるピルの種類と使用目的

トリキュラー28 2,300円/1シート
マーベロン28
アンジュ28

これらのピルは安全で完璧な避妊に使用します。 またうれしい副効用として、月経痛、過多月経、月経不順、月経前症候群、ニキビや多毛の改善にも効果的です。
さらには、子宮内膜症、卵巣がんや子宮体癌、良性乳腺疾患などの発生頻度を抑える効果があります。また別の種類のピルですが、事後避妊薬(モーニングアフターピル)や月経の移動にも使用します。

保険診療としてのピルの種類と使用目的

ヤーズ 保険適用
ヤーズフレックス
ルナベルLD・ULD
フリウェルLD・ULD

これらは月経痛対策として保険診療が可能です。この中には超低用量ピルが含まれ、さらに安全性が高いと考えられています。 最近では周期投与といって28日周期で月経をおこす方法のほかに、連続投与といって月経周期を延長する方法があります。 月経痛や量が楽になって、さらに月経の回数も減るなんて嬉しいですね。

このようにピルには多様な効果がありますので、避妊目的でなくても気軽に当院スタッフに相談してください。

アフターピルの種類

レボノルゲストル錠 10,820円
ヤッペ法 7,820円

※ピルの処方には初・再診料がかかります。

STD-性感染症について

おりもののにおい、量の増加、痒み、痛みまた下腹部痛などの症状があるときはクラミジア感染症、淋病、ヘルペス、コンジローマなどの性感染症を疑うことがあります。 
感染を広げないためにも早期の受診が必要です。不安な方、気になる方、一人で悩まずに気軽にご相談ください。
女性の感染が疑われる場合は同時にパートナーの検査もおすすめします。男性は尿検査のみの実施となります。

クラミジア感染症 おりものの増加や臭いの他にひどくなると骨盤腹膜炎や肝臓への影響も出ます。また逆に症状がないこともあります。妊娠中に罹患すると新生児の結膜炎や肺炎の原因になることもあります。パートナーとのご来院も可能です。
ヘルペス 外陰部の痛み、潰瘍 痒みなどをおこします。体調不良などにより再発もしやすいです。
淋病 外陰部の痛み、潰瘍 痒みなどをおこします。体調不良などにより再発もしやすいです。
コンジローマ いぼ状のできものです。扁平なばあいもあります。HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染にて発症します。
当院ではクリームによる治療やレーザーを用いて切除します。
ヘルペス 外陰部の痛み、潰瘍 痒みなどをおこします。体調不良などにより再発もしやすいです。

・その他梅毒、HIV検査等